高校の転校の場合の手続き方法について

すぐに複数業者の引越し見積もりができます。引越し エアコン

高校生がいる家庭が引っ越しをする場合には、通っている高校を転校させる必要が出るケースもあるようです。

高校生が転校する場合に必要な手続きはどのようになっているのでしょうか。

高校は義務教育の範囲外なので、公立の小中学校にかよっている子どもの転校の時とはまた違った手続きが必要になります。

まずは、転校先に予定している学校に問い合わせをし、転校の意思があることを伝えましょう。

高校によっては転入に条件をつけているところがあるため、その条件を満たすかどうかも確認する必要があります。

条件を満たしていれば、出願をして転入試験を受けることになります。

学校によっては学校見学に来ることが転入条件の1つになっているところもあるようですので、そのような学校の場合には一度見学に行く必要があります。

転入試験を受けて、無事に合格すれば転入が認められます。転入が認められたら、もともと通っていた学校に連絡をして転校の意思を伝えましょう。

転出側と転入側の高校で手続きが行われるためです。

その手続が終わるといよいよ新しい高校に通うことができるようになります。